みんなの体バランス

体の痛みや悩み、バランスで解決してみました。

上半身がムズムズする。13才の男の子。

大阪市鶴見区、13才の男の子。
常に上半身が重だるく、特に胸やお腹辺りがムズムズするという事で来院されました。

 

症状は10才の頃からで、

夕方になると、服を脱ぎたくなるほど辛いとのこと。

パッと見て分かる猫背

過去には水泳を、今では空手を習っているそうですが、スマートフォンをよく使うためか、前屈みの姿勢が定着し、常に猫背でありました。

座った姿勢で胸を張ってもらいますが、背中のハリが強く、維持できません。

加えて、深呼吸をしてもらっても、しっかり息を吸うことができません。

体のバランスをチェック

仰向けの姿勢で、バンザイの姿勢をすると、左肩は、右肩に比べて満足に伸びません。

しかも痛みも伴うということ、これは本人も自覚していなかったようでした。

うつ伏せの姿勢で両膝を曲げてみると、左膝に比べて、右膝の方は満足に曲がりませんでした。

ムズムズがなくなり、生活が楽に。

まず、下半身から施術を始めました。

男の子本人に、

両方の膝の曲がり方が異なることを自覚してもらい、手技を施しました。

先程よりも右膝はよく曲がり、それも本人はわかっていただけた様子。

 

次に肩の伸び具合を確認。

下半身の施術をする前とした後では、明らかに左肩は伸びているが、それでも伸びきらない状態で、痛みもありました。

手に対して施術を行うと、さっきよりも伸びるようになりました。

 

さらに、いくつか手や、足、腰回りに手技を施しました。

 

結果、両膝は綺麗に曲がり、両肩もしっかり伸びるようになりました。

体が左右のバランスよくなったので、体調はどうか尋ねると、ムズムズは今のところ収まっているということです。

左肩の痛みは消失したものの、

残念ながら、だるさというか、違和感が残りました。

今回は、これで一旦終了し、次回も通院するようにお話ししました。

その後

治療のした2週間後に再来院されました。

痛みや、だるさのあった左肩の症状はなくなったそうで、上半身のムズムズも再発していないようでした、

しかし、首周りのハリや、痛みが気になってきたということです。

継続して治療すれば、

いま、抱えてある症状も消えてくれらのではないかと期待します。

 

考察

姿勢悪によって、

背骨や骨盤の位置が崩れ、肩甲骨の左右の高さにも違いが生じたため、肋骨の動きが悪くなり、呼吸がしづらくなっていたと考えられます。

呼吸が満足にできなくなると、自律神経(交感神経と副交感神経)のコントロールができなくなります。

緊張したり、イライラしたときなど、背中や肩にザワザワ、ムズムズといった症状を感じた人は多くいるかと思いますが、

体毛を逆立てる筋肉が緊張して皮膚の感覚が敏感になってしまう。あるいは、背中周囲の筋肉が過度に緊張したため、皮膚の突っ張り感がそう感じさせるのだと考えます。

毛を逆立てる。筋肉が緊張する。

どちらも、交感神経がその働きを担っています。

 

今回の症例では、

自律神経の乱れや、上半身の筋肉の過度な緊張により、感情の起伏の関係無しに、上半身の感覚に異常が生じたのではないかと考えます。

 

 

この症例を投稿した人

杉田 浩一
Kouichi Sugita

杉田 浩一
投稿した症例